TandYの日常 高配当株を探そう 第一生命ホールディングス編

スポンサーリンク

おばんです。

TandYです。

 

本日も宜しくお願い致します。

 

 

今日も高配当株紹介をしていきたいと思います。

 

 

まず始めに、日本の高配当株を始めるならばSBIネオモバイル証券をおススメしています。

Tポイントでポイント投資するならネオモバ
Tポイントを使って株が買えるのはネオモバだけ!1株から株を購入できてFXやひとかぶIPOも可能。SBIネオモバイル証券で資産運用を始めよう

理由は

  1. 少額分散投資に向いている
  2. 手数料200円で可能

 

この2点です。

理由についての詳細は以下になります。

国内高配当株投資スタート SBIネオモバイル証券 

 

本日も私が購入を検討している株について

 

「IR BANK」のサイトで検索しながら企業分析をしていこうと思います。

早速検索してみましょう。

 

今日の企業は

 

「第一生命ホールディングス」です。

第一生命ホールディングス株式会社
第一生命ホールディングス株式会社の公式ホームページです。第一生命グループの理念や戦略、最新ニュース、持続可能な社会づくりへの考えや取組み、財務・業績や株式関連情報などを掲載しています。

ウィキペディアによると

第一生命ホールディングス株式会社は、日本の金融持株会社。2016年10月1日に持株会社体制へ移行し、第一生命保険株式会社から商号変更した。

2010年4月以降、第一生命保険の組織形態も株式会社であり、多くの生命保険会社に見られる相互会社形態ではない。

総資産で、株式会社かんぽ生命保険(日本郵政グループ)、日本生命保険相互会社に次ぐ業界3位。

との事です。

生命保険会社ですね。CM等でも知名度は高いですね。

証券コードは「8750」になります。

 

早速「IR BANK」で銘柄検索してみましょう!

 

検索結果が以下になります。

8750 第一生命 HD | 決算まとめ

注目するのは以下の点です。

 

  1. 売上高
  2. EPS
  3. 営業利益率
  4. 自己資本比率
  5. 営業活動によるCF
  6. 現金など
  7. 一株当たり配当金
  8. 配当性向

この8項目になります。

 

 

早速見ていきましょう。

 

 

1つ目は「売上高」です。

2022年で6兆6430億円と安定して収益を出していますね。

 

 

 

 

続いて2つ目のEPS(1株当たり利益)を見てみましょう。

2022年には254.4円になっております。

2021年には325.61円でしたので、減少はしていますね。

右肩上がりで推移していましたが、2020年には激しく低下していました。

コロナウイルスの影響もかなり受けていた様子ですね。

 

 

 

 

次に3つ目の営業利益率です。

こちらの数値が見つからなかったので割愛していきます。

 

 

 

 

4つ目の自己資本比率です。

自己資本比率は基本的に低く2.2~7.6%でした。

やはり金融系は自己資本比率低いのでしょうか。

 

 

 

 

次に5つ目の営業活動によるCF

2019年に1兆6969億円でしたが、ここから大きく下落し、2021年にはマイナス799億400万まで減少してしまいました。

ここから挽回していけるか期待ですね。

 

 

 

 

次に6つ目現金などです。

現金は安定して増加していますね。

2021年は2兆2629億円を所持してます。

 

 

 

 

7つ目が一株当たり配当金です。

2020年で最高の62円を記録しました。

2011年から徐々に右肩上がりで増配しています。

 

 

 

最後に配当性向

2020年にはかなり増加しましたが、基本は20%前後の比率になっております。

 

 

 

以上が数値の紹介になります。

 

まとめると

 

  • 収益、営業活動は伸び悩み。
  • 営業活動によるCFはマイナス。
  • 増配傾向にある。

この3点かなと思います。

 

配当比率は3.43%と期待よりは低い比率です。増配等中ではありますが、他の指標としては微妙な状況なので購入は様子見が必要かなとの印象でした。

 

今後の推移についても報告していこうと思います。

 

 

それでは、本日は以上になります。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました