TandYの日常 高配当株を探そう 東京海上HD編

スポンサーリンク

おばんです。

TandYです。

 

本日も宜しくお願い致します。

 

 

今日も高配当株紹介をしていきたいと思います。

 

 

まず始めに、日本の高配当株を始めるならばSBIネオモバイル証券をおススメしています。

Tポイントでポイント投資するならネオモバ
Tポイントを使って株が買えるのはネオモバだけ!1株から株を購入できてFXやひとかぶIPOも可能。SBIネオモバイル証券で資産運用を始めよう

理由は

  1. 少額分散投資に向いている
  2. 手数料200円で可能

 

この2点です。

理由についての詳細は以下になります。

国内高配当株投資スタート SBIネオモバイル証券 

 

本日も私が購入を検討している株について

 

「IR BANK」のサイトで検索しながら企業分析をしていこうと思います。

早速検索してみましょう。

 

今日の企業は

 

「東京海上ホールディングス」です。

東京海上ホールディングス - To Be a Good Company -
東京海上グループの保険持株会社である東京海上ホールディングスの公式サイトです。企業・IR情報、CSR情報などを掲載しています。

ウィキペディアによると

東京海上ホールディングス株式会社は、日本の保険持株会社である。2002年4月2日設立で東京証券取引所第1部およびNASDAQに上場している。2016年現在、正味収入保険料、純利益において国内最大の損害保険グループ。MS&ADインシュアランスグループホールディングス、SOMPOホールディングスと鼎立しており、いわゆる「三メガ損保」の一角である

との事です。

保険会社ですね。CM等でも名前はよく出てきますね。

証券コードは「8766」になります。

 

早速「IR BANK」で銘柄検索してみましょう!

 

検索結果が以下になります。

8766 東京海上 HD | 決算まとめ

注目するのは以下の点です。

 

  1. 売上高
  2. EPS
  3. 営業利益率
  4. 自己資本比率
  5. 営業活動によるCF
  6. 現金など
  7. 一株当たり配当金
  8. 配当性向

この8項目になります。

 

 

早速見ていきましょう。

 

 

1つ目は「売上高」です。

過去14年の結果になります。

2020年は5兆4654億円と最高の数値を出しています。2021年は5兆4611円とほぼ同様の予想が出ています。

コロナウイルスの影響は受けながらも収益を伸ばすことができたと決算短信で報告されております。

 

 

 

 

続いて2つ目のEPS(1株当たり利益)を見てみましょう。

2022年には454.3円に増加しております。

コロナウイルスの影響で2021年は前年よりも減少していましたが、盛り返していますね。

 

 

 

 

次に3つ目の営業利益率です。

 

こちらは数値を見つけられませんでした。

今度探してみようと思います。

 

 

 

 

4つ目の自己資本比率です。

自己資本比率は14~15%と他の金融会社よりは高めの比率ですね。

 

 

 

次に5つ目の営業活動によるCF

こちらは2021年に1兆1778億円と右肩上がりで増加してますね。

2011年で減少しているのは東日本大震災の影響でしょうか。

コロナウイルスの影響はほぼ少なかった印象ですね。

 

 

 

次に6つ目現金などです。

現金は右肩下がりしてますね。

 

 

 

 

7つ目が一株当たり配当金です。

2019年で最高の250円を記録しました。

2020年に225円に一旦減少したものの、2021年は235円に増配しています。

基本的に増配傾向にはありますね。

 

 

最後に配当性向

こちらはかなり変動が大きいですね2012年に638.94%とかなり高い数値です。

2021年は99.22%です。配当比率としてはかなり高いですね。

 

 

 

以上が数値の紹介になります。

 

まとめると

 

  • 売上、営業活動は上昇気質。
  • 配当金は増加傾向。
  • 配当金への比率はかなり高い。

この3点かなと思います。

 

配当比率は4.0%とまあまあな比率です、企業として成長感はありますが、配当比率がかなり高いので様子見は必要かなとの印象でした。

 

今後の推移についても報告していこうと思います。

 

 

それでは、本日は以上になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました