TandYの日常 高配当株を探そう カノークス編

スポンサーリンク

おばんです。

TandYです。

本日も宜しくお願い致します。

 

 

住宅取得を機に、資産形成に興味を抱き始めました。

最近、両学長の「お金の大学」という書籍に出会い、「お金に縛られない人生、FIREの人生」に大変興味を持ちました。

https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/217317dc.841b2629.217317dd.9c6fef3e/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16310040%2F&link_type=hybrid_url&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJoeWJyaWRfdXJsIiwic2l6ZSI6IjI0MHgyNDAiLCJuYW0iOjEsIm5hbXAiOiJyaWdodCIsImNvbSI6MSwiY29tcCI6ImRvd24iLCJwcmljZSI6MSwiYm9yIjoxLCJjb2wiOjEsImJidG4iOjEsInByb2QiOjAsImFtcCI6ZmFsc2V9

 

セミリタイアを目標に会社員をしつつ、副業、資産運用に取り組んでおります。

 

このブログでは、資産形成の為に主に日本の高配当株について紹介していきます。

 

 

 

 

まず始めに、日本の高配当株を始めるならばSBIネオモバイル証券をおススメしています。

Tポイントでポイント投資するならネオモバ
Tポイントを使って株が買えるのはネオモバだけ!1株から株を購入できてFXやひとかぶIPOも可能。SBIネオモバイル証券で資産運用を始めよう

理由は

  1. 少額分散投資に向いている
  2. 手数料200円で可能

 

この2点です。

理由についての詳細は以下になります。

国内高配当株投資スタート SBIネオモバイル証券 

 

本日も私が購入を検討している株について

 

「IR BANK」のサイトで検索しながら企業分析をしていこうと思います。

早速検索してみましょう。

 

今日の企業は

 

「カノークス」です。

 

株式会社カノークス
鉄鋼商社として、日本の製造業を支えるために、カノークスはあらゆる産業の中で基幹として重要な役割を果たしています。

ウィキペディアによると

株式会社カノークスは、名古屋市西区那古野に本社を置く鉄鋼専門商社である。 名古屋証券取引所第二部単独上場銘柄である。

との事です。

中部地方での鉄鋼商社で、トヨタなど自動車向けをメインにしています。

証券コードは「8076」になります。

 

早速「IR BANK」で銘柄検索してみましょう!

 

 

 

検索結果が以下になります。

8076 カノークス | 決算まとめ

注目するのは以下の点です。

 

  1. 売上高
  2. EPS
  3. 営業利益率
  4. 自己資本比率
  5. 営業活動によるCF
  6. 現金など
  7. 一株当たり配当金
  8. 配当性向

この8項目になります。

 

 

早速見ていきましょう。

 

 

1つ目は「売上高」です。

2022年は1164億円とほぼ横ばいの予想が出ています。

売上高は大きな推移はないですね。

 

 

 

 

 

続いて2つ目のEPS(1株当たり利益)を見てみましょう。

2022年には162.28円にV字回復しております。

コロナウイルスの影響もあってか2021年は減少していましたが、盛り返していますね。

 

 

 

 

 

 

次に3つ目の営業利益率です。

こちらは2022年に1.94%になっております。

利益率はかなり低いですね。

基本1.0%台になっております。

 

 

 

 

 

 

4つ目の自己資本比率です。

自己資本比率は2021年で40.6%と数値が上昇していますね。

こちらは安定した推移になってます。

 

 

 

 

 

次に5つ目の営業活動によるCF

2021年に42億円とプラスに増加してますね。

ただ、かなり変動が激しい数値です。

 

 

 

 

次に6つ目現金などです。

2021年は69億円程を所持してます。

現金は一定額は保有してそうですね。

 

 

 

 

 

7つ目が一株当たり配当金です。

2021年で30円とやや減少しております。

増配から減配に移っている傾向ですね。

 

 

 

 

最後に配当性向

2021年は38.99%で過去をみても30%前後で推移してますね。

配当比率は安定してそうです。

 

 

 

 

以上が数値の紹介になります。

 

まとめると

 

  • 売上、EPSは伸び悩み。
  • 営業活動によるCFは不安定。
  • 減配気味で推移中。

この3点かなと思います。

 

配当比率は5.71%と高い比率ですが、購入は見送りかなとの印象でした。

また株価は、2021年9月26日で1400円。一年間の動きは以下になってます。

 

 

今後の推移についても報告していこうと思います。

 

 

それでは、本日は以上になります。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました