TandYの日常 日本株紹介 優待バリュー株 テクノ菱和

スポンサーリンク

おばんです。

TandYのたー坊です。

 

夫婦でセミリタイアを目標にお互い会社員をしつつ、副業、資産運用に取り組んでおります。

 

このブログでは、日本株についてや旅行、住宅といった「資産形成から日々の生活情報」を雑記形式で紹介していきます。

 

資産形成に興味がある方や私たちの様に夫婦でセミリタイアを目指している方々の参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事はたー坊が担当致しますので、宜しくお願い致します。

 

 

 

 

私の記事では、資産形成の為に主に日本株について紹介していきます。

 

最近、東証二部上場していて株主優待を出している企業に注目するようになりました。

理由は

  • 東証一部に昇格を目指している企業を昇格前に買うことで、株価の値上がりを期待でき、大きな利益を望める事
  • 株主優待によって、日々の生活の質を上げられる、節約につながる事
  • 優待が人気の企業は株価の値下がりを受けにくい事

 

この3点を感じたからです。

 

東証二部上場の優待バリュー株を紹介し、実際に良いと判断したものを購入し、その後昇格するのか、また利益は受けられるのか紹介していきたいと思います。

 

 

以前の記事でも紹介していましたが、日本株を始めるならばSBIネオモバイル証券をおススメしています。

Tポイントでポイント投資するならネオモバ
Tポイントを使って株が買えるのはネオモバだけ!1株から株を購入できてFXやひとかぶIPOも可能。SBIネオモバイル証券で資産運用を始めよう

理由は

  1. 少額分散投資に向いている
  2. 手数料200円で可能

 

この2点です。

国内高配当株投資スタート SBIネオモバイル証券 

 

また、企業分析ならば「IR BANK」のサイトがおススメです。

 

こちらで検索しながら企業分析をしていこうと思います。

早速検索してみましょう。

 

今日の企業は

 

「テクノ菱和」です。

環境のトータルエンジニアリング企業|株式会社テクノ菱和
産業設備工事のプロフェッショナルとして、生産施設やビルなどの空気調和設備、精密機器製造工程や食品工場などのバイオ関連におけるクリーンルームなどの、設計、施工、メンテナンス、研究開発を行っています。

空調工事関係の企業です。冷熱機器販売も併営しており、医薬品・食品工場設備に強みがあります。

証券コードは「1965」になります。

 

早速「IR BANK」で銘柄検索してみましょう!

 

 

検索結果が以下になります。

 

注目するのは以下の点です。

 

  1. 売上高
  2. EPS
  3. 営業利益率
  4. 自己資本比率
  5. 営業活動によるCF
  6. 現金など
  7. 一株当たり配当金
  8. 配当性向
  9. PERとPBR
  10. 今後の展望

この8項目になります。

 

 

早速見ていきましょう。

 

 

1つ目は「売上高」です。

2022年は580億円と安定した推移になっていますね。

2019年を機に売上高のピークを越えてその後停滞しております。

 

 

 

 

続いて2つ目のEPS(1株当たり利益)を見てみましょう。

2022年には68.9円に前年より増加しております。

ただ、こちらも2019年の134.03円をピークに停滞感はありますね。

 

 

 

 

次に3つ目の営業利益率です。

利益率2022年3.62%予測になっております。

営業利益率は5%を下回る数値で推移してますね。

 

 

 

 

4つ目の自己資本比率です。

自己資本比率は50~70%と高い比率で推移してますね。

こちらは安定した推移になってます。

 

 

 

次に5つ目の営業活動によるCF

2021年は11億円ですが、2019年から減少傾向にありますね。

過去を見ても赤字と黒字を繰り返している印象です。

 

 

 

次に6つ目現金などです。

現金は安定して130億円程を所持してますね。

こちらの数値は安定している印象です。

 

 

 

7つ目が一株当たり配当金です。

2020年で最高の34円を記録しました。

2014年から右肩上がりで増配しています。

2021年は28円とやや減少しています。

 

 

 

 

次に配当性向

2021年に61.02%と増加してますね。

過去をみると基本は20%前後ですが、急に比率を上げる印象も感じます。

 

 

 

次に9. PERとPBR、株主優待についてです。

PERは15.93倍、PBRは0.48倍です。

PERは10~20倍が目安かなと思っていますので15.93倍は理想的です。

 

PBRは1倍以下を基準に考えると0.48倍も優秀ですね。

 

そして気になる株主優待は

静岡の新茶です。

100株以上で1パック、1000株以上で2パックです。

1パック何gでしょうかね。

お茶好きな方は嬉しいのではないでしょうか。

 

 

 

最後に今後の展望です。

「中長期経営ビジョン2023」という展望が掲載されています。

グループ目標

  • 連結売上高650億円
  • 経常利益26億円を達成
  • ROE 5%以上を目指す
    ※ROE(自己資本利益率)=当期純利益÷自己資本×100

基本方針

① 規模の拡大だけに捉われず、当社で培った特色のある技術を駆使した事業展開を目指す
② 継続的に成長するためお客様への付加価値を向上させ、リピート率の高い経営基盤を確立する
③ ASEAN市場を収益源の一つとして認識し、ターゲットを絞った市場へ積極的に投資する
④ 一人ひとりの社員を輝き成長させるための社員教育と、採用を含め人的資源へ継続的に投資する

 

といった目標を掲げています。

2023年まであと2年。今後に期待ですね。

 

以上が数値の紹介になります。

 

まとめると

 

  • 売上、営業利益は伸び悩み。
  • 現金、自己資本の厚さは堅い。
  • 配当金への比率はかなり変動あり。

この3点かなと思います。

 

配当比率は3.1%とまあまあな比率です。優待は新茶と日常生活に利用できるものは良いですね。

 

今後の推移についても報告していこうと思います。

 

 

それでは、本日は以上になります。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました