月末投資成績公開 2021年11月

スポンサーリンク

おばんです。

TandYのたー坊です。

夫婦でセミリタイアを目標にお互い会社員をしつつ、副業、資産運用に取り組んでおります。

 

このブログでは、日本株についてや旅行、住宅といった「資産形成から日々の生活情報」を雑記形式で紹介していきます。

 

資産形成に興味がある方や私たちの様に夫婦でセミリタイアを目指している方々の参考になれば幸いです。

 

この記事はたー坊が担当致しますので、宜しくお願い致します。

 

 

本日は投資成績を公開していきます!

私は、今年の5月より投資活動をスタート致しました。

始めは米国投資信託からスタートし、9月より国内株もスタートしました。

今後は毎月月末に投資成績を公開してきたいと考えています。

 

ある程度の額を初期投資して

現在は、積み立てNISA枠で米国株・全世界株を月3万3千円とプラス2万円。

国内株に5万円の計10万3千円を定期投資しています。

 

来年より米国株の投資額をもう少し増やしてみようと計画中です。

 

さて、本題の結果について報告していきます。

 

月末、オミクロン株の出現で利益が下がってきました。

利益が先月より減少していますがその分、追加購入のチャンスかもしれないですね。

今後の市場動向に注目していきたいです。

以下が全体の成績になります。

成績をみると日本株の一人負けですね。

岸田内閣になり、いろいろ政策を打ち出していますが、蓋を開ければ「増税」

我々庶民には厳しそうな戦いが続きそうです。

 

今後も米国、そしてS&P500といった安定成長を期待できるものへの投資は継続です。

 

私のポートフォリオはこちらです。

12月頭にS&P500、レバレッジNASDAQの追加購入を行いましたので、この集計時より米国株の割合が増えています。

 

さてここから国内株の成績紹介をしていきます。

 

※画面が小さいので拡大して見てください。

白枠が配当金狙い、黄色枠が優待バリュー株狙いです。

先の表でも紹介していましたが、国内株はマイナスの成績でした。

総額186,222円でマイナス14,808円です。

 

優待バリュー株の比率を上げている関係で「7081ユーユーレンティア」の割合がかなり増えています。

※優待がもらえる100株までは優待バリュー株を1万円分定期購入しています。

優待バリュー株の株価が下がると、成績も下がってしまっていますね。

しかしながら配当金狙いの株も下がっています。

 

なので、特に利益率が下がっていた「武田薬品」と「NEW ART HOLDINGS」をそれぞれ1万円ずつ追加購入致しました。

 

 

 

 また、11月末に株を購入していた3社から配当金が振り込まれました!

初配当金です。

 

  • ジャックス

1株当たり配当金75円

所有株数3株

配当金225円

 

  • 武田薬品

1株当たり配当金90円

所有株数2株

配当金180円

 

  • 三菱商事

1株当たり配当金71円

所有株数2株

配当金142円

また三菱商事さんは「Toyo Bunko Museum」の無料招待券を2枚頂きました。

2022年9月25日まで有効です。

ミュージアム - 公益財団法人 東洋文庫

 

配当金以外にもこういう楽しみを頂けて嬉しいですね。

夢の配当金生活までの一歩を踏み出したなと感じています。

 

 

また、来月末に成績を紹介致します。

 

本日は以上になります。

 

閲覧ありがとうございます。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました