高配当株を探そう J-POWER編

スポンサーリンク

おばんです。

TandYです。

 

本日も宜しくお願い致します。

 

 

今日も高配当株紹介をしていきたいと思います。

 

 

まず始めに、日本の高配当株を始めるならばSBIネオモバイル証券をおススメしています。

理由は

  1. 少額分散投資に向いている
  2. 手数料200円で可能

 

この2点です。

理由についての詳細は以下になります。

国内高配当株投資スタート SBIネオモバイル証券 

 

 

本日も私が購入を検討している株について

 

「IR BANK」のサイトで検索しながら企業分析をしていこうと思います。

早速検索してみましょう。

 

今日の企業は

 

「電源開発」です。

 

ウィキペディアによると

電源開発株式会社は、日本の電力会社(発電事業者、送電事業者)。愛称はJ-POWER(ジェイパワー)。

との事です。

電力会社ですね。水力・火力・原子力発電の事業を行っています。

証券コードは「9513」になります。

 

早速「IR BANK」で銘柄検索してみましょう!

 

検索結果が以下になります。

9513 電源開発 | 株式情報

注目するのは以下の点です。

 

  1. 売上高
  2. EPS
  3. 営業利益率
  4. 自己資本比率
  5. 営業活動によるCF
  6. 現金など
  7. 一株当たり配当金
  8. 配当性向

この8項目になります。

 

 

早速見ていきましょう。

 

 

1つ目は「売上高」です。

過去14年の結果になります。

基本的に右肩上がりで成長していますね。

ちなみに2020年が最高収益を出していました。

今年は去年より下がる推移を予想しているそうです。

 

 

続いて2つ目のEPS(1株当たり利益)を見てみましょう。

こちらは近年変動がありますね。

様子見も必要かと思います。

 

 

次に3つ目の営業利益率です。

近年は10%を下回るように減少していますね。

こちらも苦戦している感じを受けます。

 

 

 

4つ目の自己資本比率です。

自己資本比率は20%~29.7%とやや低い比率ですね。

エネルギー業界はこの比率が目安なのでしょうか。

 

 

次に5つ目の営業活動によるCF

こちらは安定して営業活動を行ってますね。

2021年は最高の金額になっています。

 

 

 

次に6つ目現金などです。

こちらはほぼ同額で推移してますね。

 

 

 

7つ目が一株当たり配当金です。

2018年から75円に増配しています。

そこから安定していますね。

 

 

最後に配当性向

こちらは2021年度で61.55%と比率が上昇しました。

やや上昇気質にいる印象ですね。

 

以上が数値の紹介になります。

 

まとめると

 

  • 売上、営業利益はほぼ横ばい。
  • 配当金の比率は上昇気味。

この2点かなと思います。

 

配当比率は4.66%と高い比率ですが、苦戦は感じられる企業でした。また配当金の比率も上昇気味なので、積極購入とは言えないかなと思っています。

 

今後の推移についても報告していこうと思います。

 

 

それでは、本日は以上になります。

 

ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました